ヘルペスの正しい知識・見分け方

妊娠中にヘルペスに感染したらどうなりますか?妊婦とヘルペス、気を付けることは何?

    

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウィルス1型(口唇ヘルペス)と単純ヘルペスウィルス2型(性器ヘルペス)があります。妊娠中に問題となるのは、この両方です。それは赤ちゃんに感染を起こす可能性があるからです。その危険性についてご紹介します。

 

妊娠中は、ヘルペスはできやすい?

妊娠中は妊娠前の状態に比べ、体質も変化しています。また自然と免疫力も少し下がっているのですね。免疫が下がるということは抵抗力が弱くなり、感染を受けやすい状態なのです。そこでヘルペスウィルスに感染する機会があると、容易に感染することがあるのです。

 

口唇ヘルペスでも問題があるの?

口唇ヘルペスは、唇や顔面に水泡を作る感染症です。その症状は皮膚がムズムズし、かゆみ、赤み、そして水泡が出るのが特徴です。それ以外に症状は特に出ないので、問題ないと思われがちですが、このウィルスは感染力が強いことが特徴です。そのために唇を触った手で、自分の性器を触ったりすると、今度は性器にウィルスが付いて感染を起こしてしまうのです。そのため口唇ヘルペスぐらいと思わず、病院を受診をして診察を受けるべきなのです。

 

性器ヘルペスは、赤ちゃんに産道感染を起こすので、帝王切開の対象になる!

性器ヘルペスがあると、赤ちゃんが生まれる時に産道で感染をさせてしまいます。赤ちゃんは抵抗力がないために、感染をすると脳に障害を起こすこともあるほど。そのため性器ヘルペスがある場合は、必ず帝王切開を選択しますそして赤ちゃんへの感染を防ぐのです。

妊娠中は赤ちゃんへの感染を防ぐために、ヘルペスにかからないように注意することが大切です。そのためにもしも自分のパートナーが感染していた場合には、自分に感染をしないように、タオルや食器を共有しないように予防に努めましょう。またなるべく感染をしない健康的な体を作るために、睡眠を十分とり、食生活のバランスに気を付けて生活を送りましょう。